2015年11月01日

[地方大会]ラウンドワンスタジアム函館店(11/21)

【店舗名】ラウンドワンスタジアム函館店
【HP】http://www.round1.co.jp/shop/tenpo/hokkaidou-hakodate.html
【住所】北海道函館市西桔梗町848番地11
【アクセス】JR函館駅、JR・市電五稜郭駅より無料送迎バスあり(詳細はHPをご参照ください)
【開催日】2015/11/21(土)
【受付時間】16:00〜
【開始時間】17:00〜
【参加費】未定(100〜300円)
【定員】24名

【ルール】
大会参加者(以下、プレイヤー)は、1回戦試合前にジャンルくじを2枚・形式くじを2枚引きます。
ジャンルくじ:アニメ&ゲーム/スポーツ/芸能/ライフスタイル/社会/文系学問/理系学問 計7枚
形式くじ:セレクト系/パネル系/キーボード系/マルチセレクト系/サブジャンル系/ランダム 計6枚

形式くじは以下の形式に対応します。
セレクト系:○×/四択/連想
パネル系:並べ替え/文字パネル/スロット
キーボード系:タイピング/キューブ/エフェクト
マルチセレクト系:順番当て/線結び/一問多答/グループ分け
サブジャンル系:サブジャンル1/2/3
ランダム:ランダム

プレイヤーは大会を通じて「手持ちの2ジャンル・2形式を組み合わせた出題」しか出来ません。
一度試合で使用したジャンル・形式は手持ちから破棄となります。なお出題難易度に制限は有りません。
(敗者復活戦を除く)

対戦は原則として4名または3名で行い、3名対戦の試合はダミーが「ノンジャンル・ランダム(HARD)」を出題します。各試合の上位2名が次回戦へ進出となります。

試合終了後、勝ち抜けとなった1位・2位のプレイヤーは、3位・4位のプレイヤーがその試合で使用しなかった手持ちのジャンル、形式から
 1位(ジャンル&形式)→2位(ジャンル&形式)の順で獲得し、手持ち分を補充します。

(例)
 プレイヤーA:アニゲ・スポーツ/セレクト系・マルチ系 →アニ四択
 プレイヤーB:スポーツ・文系/キーボード系・マルチ系 →文系多答
 プレイヤーC:LS・社会/パネル系・サブジャンル系  →地理
 プレイヤーD:芸能・理系キーボード系・サブジャンル系→理タイ
 の手持ち・出題で、A-B-C-Dの順位にて決着した場合

 試合後にCとDが使わなかった「LS」「パネル系」「芸能」「サブジャンル系」の4枚を
 1位が任意のジャンル&形式(LS・パネル)→2位が残り(芸能・サブジャンル)の順で獲得

 次戦は
 A:スポーツ・LS/パネル系・マルチ系
 B:スポーツ・芸能/キーボード系・サブジャンル系
 の手持ちとなります。

 ※3名対戦となった場合
  3名対戦の場合は試合終了後に獲得対象となるジャンル・形式が各1つしかないため、1位→2位の順で
  「3位プレイヤーのジャンルor形式を獲得する」または「再度クジを1枚引く」を選べます。
  「ジャンルだけ3位のを獲得して、形式はくじで決める」などの選択も可能です
  (その場合2位プレイヤーはジャンルをクジで、形式は3位のを獲得となります)

決勝戦は2戦合計で、手持ちの2ジャンル・2形式を全て使い切って終了となります。
1位:5pt 2位:3pt 3位:1pt 4位:0ptの順位点合計とし、順位点が並んだ場合は素点の合計で順位を決定します。

<敗者復活戦・空席待ちクイズ>
エントリー人数に応じて、1回戦敗退者を対象に敗者復活戦を実施する場合があります。

「ノンジャンル・ランダム・HARD」を使用します。
対象プレイヤーはエントリー順に縦一列に並び、前から順に解答席へついて解答する。
正解ならそのまま次の問題へ。不正解なら解答席から外れ、列の一番後ろへ並ぶ。
列の先頭が空いた解答席へつく。
最終問題終了時に解答席に残っていたプレイヤーが敗者復活の権利を有する。
敗者復活枠が3名以下の場合は、上記クイズで残った4名にてプレーオフを実施する。

敗者復活プレイヤーはジャンル・形式クジを再度2枚ずつ引き、2回戦へ合流になります。
[ここに地図が表示されます]
posted by PSSV at 10:00| 北海道 ☔| Comment(0) | 地方大会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。